スキーの最新情報はこちら

速報:アルペンスキーW杯王者、マルセル・ヒルシャー引退濃厚か。記者会見は9月4日。FIS対応19-20アトミック REDSTER S9 FIS M + X16MODさらに10%オフ

1 min 3 views

画像:Goran Jakus / Shutterstock.com(写真はマルセル・ヒルシャー)

今日は大きなニュースが1つ、その他国体関連などの情報もありますので、目次からお好きな項目をご覧ください。なお、スキーショップ.jpのSNSやメルマガではほぼ毎日このようなニュースや最新スキー動画、テクニック的な話などを提供してるので、気になる方はフォローしておいてください。

[box06 title=”新着情報はこちら”]
*ツイッターはこちら
*フェイスブックはこちら
*SNSで新着情報を見逃した方のための週刊メルマガはこちら
[/box06]

FIS対応19-20アトミック REDSTER S9 FIS M + X16MODがあと3日以内の購入でさらに10%オフに値下げ

スキー用品取扱店であるスキーライフ365にてFIS公認大会対応のアトミックSLニューモデルスキー板がクーポンを使うとさらに10%オフになります。あと3日で終了なので気になる方は下記の楽天の方をご覧ください。

今日のスキーニュース

今日は大きなニュースが1つ飛び込んでますのでさっそくどうぞ。

速報:マルセル・ヒルシャー引退濃厚か。9月4日記者会見

昨日、全世界で一斉に

「ヒルシャーの会見は9月4日に開かれる」

というニュースが駆け巡りました。

参照:Marcel Hirscher annoncera le 4 septembre s’il poursuit sa carrière

なぜブログ記事の見出しに

「引退濃厚」

という言葉を使ったのか。

いくつか理由があります。

  1. 毎年引退を口にしていたボディ・ミラーでも記者会見までは用意しなかったこと。
  2. 2019年3月の会見で「疲れた」「30歳を自覚している。もう18歳ではない」とネガティブコメントが増えたこと。
  3. 昨年秋に子供が生まれ、W杯デビュー10年の節目でかつ絶頂期で引退する可能性が高い。

と思ったからです。

 もちろん、リゲティみたいにGSのみに絞ってやるという選択肢もあるでしょう。

ただ、9月4日に正式に記者会見を開くということは過去の事例から見ても引退が非常に多く、同じオーストリアの英雄、ヘルマン・マイヤーもゾルデン開幕直前での引退会見でした。

 逆に気になるのが会見を開き、現役続行になった場合、何を発言するのかの方が気になってしまいます。もし引退以外にマスコミを集めてまで発言するのであれば

「あと1シーズンのみ」
「1シーズン休養」

くらいしかないように思います。(マテリアルチェンジでマスコミを集めることはないでしょう^^;)

 現役引退には2つあり、

・ギリギリまでやるタイプ
・絶頂期で引退するタイプ

がありますが、ヒルシャーはどちらを選択するでしょうか。

30歳という節目。

9月4日はアルペンスキー業界で大注目の1日になりそうです。

2022年スキー国体は秋田県の可能性。山形スキーW杯汚職認める。

山形市職員、起訴内容認める スキーW杯汚職
第77回国民体育大会冬季大会スキー競技会 秋田県へ開催要請

hide

hide

アルペンスキー速報や冬季五輪、FIS公認大会を中心に最新のアルペン情報を提供しています。気になる人はフェイスブックの方をご覧ください。ツイッターは開発記録などパーソナルな内容となっています。

FOLLOW

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください