シフリン今季終了か。W杯スキー男女SL共に日本勢2本目進めず。

photo credit: 2002-03-02 03-08 Zinal 063 via photopin (license)

2015−2016アルペンスキーワールドカップ男子回転は現在フランスのバルディゼールで、女子回転はスウェーデンのオーレで行われている真っ最中です。

すでに男子回転は1本目が終了し、湯浅直樹選手はゴール手前で途中棄権、石井智也選手は中間23位(+1.41秒)でしたが、途中棄権となり日本勢は1本目で姿を消しました。また、現在1本目が行われている女子スラロームは清沢恵美子選手と長谷川絵美選手も出場していますが、2人も完走し、ゴールした時点ではどちらも26位でしたが現在見る限り30位以内から漏れているので、2本目に進出することはできません。

まだレースが行われている最中ですが1本目、2本目の結果速報を知りたい人はテキストライブ中継もやってるので、こちらをご覧ください。

シフリンは骨挫傷と右ひざを痛め帰国へ


気になるのはこちらのニュースです。すでに知っている方も多いかと思いますが、ミカエラシフリンはフリースキーでのウォームアップ中に右膝を痛め、骨挫傷という情報が流れています。病院にも運ばれ結果としてアメリカに帰国することになりました。この辺は情報が錯綜している状況です。

詳しい症状、治療期間などはこれから発表されると思いますが、診断の結果次第ではワールドカップの出場は微妙になりそうな雰囲気もあります。ナショナルチームドクターの話によれば靭帯などには影響がないようで、別の症状で手術をすることになりそうだとのこと。

どんな怪我をしたのか気になりますが、ドクターは「長い期間の治療になるかもしれない」と発言しているので、最悪の場合今季終了となる可能性があります。まずは正式な発表を待ちたいと思います。

オーレ女子大回転トップ3の滑り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です