スキーショップ.jpとは?

スキーで食べていけないは本当か?転職や就職、プロへの道を解説

スポーツ業界の転職・就職の話
この記事は約4分で読めます。

[ふきだし set=””]今回はスキー業界の転職や就職からプロへの道について解説します。なお、私自身の詳しい話もこちらで解説しているので、こちらも時間のあるときに読んでみてください。[/ふきだし]

もちろん、絶対ではなく中には稼ぐ人もいると思いますし、親が金持ちでそもそも働く必要のない人、相続でたっぷりのお金があるという人は突き進んでも良いでしょう。

ですが、多くのスキーヤーは公務員看護師、医者になったり、プログラムなど一生使える資格やスキルを身につけます。

なので例えばスキー場でアルバイトしながらTech Boostなどの通信教育で未経験からのプログラミングを学ぶなどをすれば、遠征先でも仕事できたり海外移住もできるので、ネット社会は国境がなく、海外で戦う選手にも打ってつけです。

公務員や医療業界は安定感抜群ですが、練習時間を増やしたり自由に生活していきたい人はプログラミングなどの知識はこれからのロボット社会には欠かせない存在になるはずです。

photo credit: abnskyshark Afterglow via photopin (license)

スキー業界で働きたい?転職や就職をして正社員を目指すべきかは年収を見てから決めるべき


photo credit: DanWri Tahoe Chair Lift Early Morning via photopin (license)
スキー業界で働きたい人は多いです。

ですが、給料面ではどうでしょう?

例えばスキーインストラクターの場合、時給800円から最大でも1500円ほどではないかと思われます。もちろん、実力次第といった部分もあり、せいぜい稼いでも年間200万〜300万ほどではないかと思います。

あるスキー技術選の上位選手の年収は300万ほどと間接的に聞いたことがあり、生活が苦しいといった話も聞いたことがあります。もちろん、これは当時の話であり今はどうかわかりませんが、ほとんどのスキー選手は別に副業をしていたりします。

中にはアムウェイなどのネットワークビジネスに入っている選手もいるとの話も聞いているので、やはり生活に不安があるのは間違いないことだと思います。

スキーは若いうちは良いですが、歳をとったらどうやってもパフォーマンスで若い人に負けますから、映像の露出度も徐々に下がるはずです。つまり、アスリートとして働くのであれば、一般社会はキャリアを重ねて年収が上がりますが、本人自体は減価償却されていくので価値が下がることになります。(工夫して増やしていく人もいるでしょう。ただ少数派ではないかと思います)

メーカーで働いたらどうなの?

これは実際にスキーメーカーの求人を見ればすぐにわかるのですが、国産スキーメーカーのオガサカは20万から25万ほどの月給となります。

ただ、多くの人脈を作って、業界の裏をきちんと知ってから将来独立を考えているという人は別ですが、プログラマーなどの職業に比べると同じエンジニアでも随分と年収に差がつきます。

なので、副業が可能であるメーカーなのであれば副業をしながら所得を増やしていくというのも1つの方法です。

私は古代から存在する「文字を書くこと」を仕事にしたのは、今後AIが発達しても書くことはおそらく残っていくだろと思ってるからです。

古代文明も絵文字などがあり、アイヌや世界の文字のない民族でもキリスト教などが文字を教え、言葉を残していっているように言葉は文明発達には欠かせない存在となっています。

言語は100年後も残るはずなので、私はwebライティングを仕事にしています。

書いた後は印税収入になったり、ブログからのアフィリエイト収入になったりするので、あとは文字が働きます。

 プログラミングもシステムが完成すればあとはシステムが働くので、自由な時間が増えやすい職業の1つです。仮に独立に失敗しても就職で大きな武器になりますからね。

結論:1つはスキー以外のスキル(能力)を身につけよう。


新型コロナウイルス以降、観光業が大きなダメージを受けてスキー場も一部営業を止めるところが出てきています。
 
 当然、スキー人口が毎年減り、全日本スキー連盟(SAJ)の会員数も毎年2000人ずつ減っているという話ですので、このままいけば今後発展することはほぼないかなと思われます。

 新型コロナウイルスでわかった通り、飲食店やスポーツ、エンターテイメントなど生きていくのに絶対必要ではない産業は一気に衰退しました。

スキーも無くても生きていける産業の1つですので、食いっぱぐれない資格やスキルを身につけることを強くお勧めします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました