サンプル選手

マルセル・ヒルシャーの大回り

hide

大回りというか、ロングターンの部分を下記のコメント欄にて評価してください。(ショートターンは別件でまたやります。)横からの撮影なのでちょっとわかりにくい部分もありますが、腰の位置などはよくわかるかと思います。

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  1. hide

    個人的にはなぜ技術選の選手は飛行機の羽のように手を伸ばしたり、大きく腕を広めに広げるのがわからないのですが、ヒルシャーの場合というか普通はありません。

     また、よくスローで見ると彼は外脚からエッジングが始まっており、外脚荷重派なんだなとわかります。

     

ABOUT ME
hide
hide
スキーヤー・ブロガー
スキーに関する最新情報を日々お届け。リンクまたはフォローしていただけると励みになります。速報はツイッターでやってます。

戦歴:SL7位、GS9位(地方公認大会)
スキー1級合格経験あり。アルペンW杯は3回スイスで観戦
記事URLをコピーしました