スキーニュース速報はこちら

マルセル・ヒルシャーの大回り

サンプル選手
PHOTOMDP / Shutterstock.com
この記事は約1分で読めます。

大回りというか、ロングターンの部分を下記のコメント欄にて評価してください。(ショートターンは別件でまたやります。)横からの撮影なのでちょっとわかりにくい部分もありますが、腰の位置などはよくわかるかと思います。

マルセル・ヒルシャー
7.3

腰の位置

8.0/10

板の走らせ方

8.5/10

急斜面か?

5.0/10

アイスバーンか?

0.0/10

ターンの全体の質

8.5/10

上半身の動き

8.5/10

下半身の動き

9.0/10

頭の位置

8.5/10

スピード

8.0/10

あなたの総合評価

8.5/10
PHOTO:MDP / Shutterstock.com
スキーの最新情報はこちら
アルペンスキーを中心にスキー用品セール、上達法、動画など業界の様々な速報が無料でメール購読できます。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
サンプル選手
hide

アルペンスキーテクニック解説やスキー上達方法、スキー用品、トレーニング、栄養に関することをブログに書きつつ、動画のスキー大会も(β版)開催中。ツイッターやフェイスブックをフォローしておくと最新のニュースやトレーニングに関する情報が手に入ります。

hideをフォローする
hideをフォローする
スキーショップ.jp

コメント

  1. hidehide より:

    腰の位置

    8

    板の走らせ方

    8.5

    急斜面か?

    5

    アイスバーンか?

    0

    ターンの全体の質

    8.5

    上半身の動き

    8.5

    下半身の動き

    9

    頭の位置

    8.5

    スピード

    8

    あなたの総合評価

    8.5

    個人的にはなぜ技術選の選手は飛行機の羽のように手を伸ばしたり、大きく腕を広めに広げるのがわからないのですが、ヒルシャーの場合というか普通はありません。

     また、よくスローで見ると彼は外脚からエッジングが始まっており、外脚荷重派なんだなとわかります。

     

タイトルとURLをコピーしました