スキーニュース速報はこちら

全日空(ANA)予約時に出発日・時間を間違った場合の解決方法

名前(スペルミス・旧姓苗字など)、パスポート番号、人数、出発日入力ミスなどの旅行トラブル解決方法まとめ
この記事は約1分で読めます。

このページは全日空(ANA)の片道、往復航空券を予約する際に出発日・時間を間違った場合、便を変更したいときなどに役立つかと思います。なお、航空券の種類によっては変更不可や変更手数料が取られるものもあるかと思いますので、まずは該当先を目次から選んで手続きしていただければと思います。また、体験談も募集していますので、記事下のコメント欄から書き込みができます。たくさんの情報提供をお待ちしております。
万が一再予約になる場合または買った航空券やツアーが逆に高かったというケースもあるので、下記の安い取扱店でもう1度検索してみるとさらに安くて良い商品が見つかるかもしれません。
[kanren postid=”144″]

全日空公式ホームページで予約された方はこちら

全日空公式ホームページで出発日や時間の入力ミスをされた方は下記から訂正またはキャンセルが可能です。
お問い合わせ

旅行代理店でANA航空券を予約された方はこちら

このページでは下記の店舗の訂正、キャンセルが可能です。下記のリンク先に問い合わせ一覧があるので、詳しいお問い合わせはそちらでお願い致します。
[aside type=”boader”]
エクスペディア、スカイツアーズ、JTB、ジャルパック、日本旅行、HIS、スカイチケット 、イーツアー、エアトリ(旧DeNAトラベル)、楽天トラベル、近畿日本ツーリスト
[/aside]
[kanren postid=”161″]

あなたの買った航空券実は高い可能性あり。安い旅行商品売っているところはココ

航空券やツアーの価格はピンキリです。特によくあるのが
「航空会社で直接買った方が1番安い」
という思い込みです。
 航空券手数料無料の旅行代理店があるのも事実であり、ここで無料にしてもホテルとのセットで結果的に旅費がさらに安くなるというケースがあります。下記のリンク先にあるエクスペディアが代表例ですが、この記事を書いている時点でも手数料が無料であり、他社だと3000円くらい取られたりします。
[kanren postid=”144″]
 なので、もう一度価格比較をして安いチケットで飛行機に乗った方がお得なパターンもあるので、まだ出発までに時間のある方はキャンセルしてもう1回探してみることをおすすめします。
 キャンセル料が無料の方、またはすでに旅行の予約をしてキャンセル手数料を払っても再予約したほうが安いという場合もあるかと思いますので、トータルで考えて見ましょう。なお、商品の中には変更不可というものもあり、航空会社でも早割などの商品はいろいろ制限もあるので注意して購入しましょう。特に台風が多い秋頃は欠航もあり得るので、出発日のリスクも考えて購入しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました