FIS対応スキーヘルメット特集。15−16シーズンからSAJ-A・B級大会、国体でも義務化

すでにFISレースでは義務付けされていますが、2015−2016シーズンからはSAJ-A・B級大会も昨シーズンの「推奨」から「義務づけ」に変更されました。なので、スキー用品店に行って購入されたという人も結構多いはずです。

 正直、今までのヘルメットと何が違うのかわかりませんが、簡単に言ってしまえば

「軽くて強度が増した」

ということです。

 「国際スキー連盟が認めた強度のヘルメットを使いなさい」ということですね。なのでスキーショップでヘルメットを購入する際は上記のようなステッカーマークがあるか必ずチェックしましょう。

ブリコやUVEX、POCなど各社からいろいろ販売されています。

ザックリとですが、FISルール対応のヘルメットを紹介しておきます。

ブリコのこのモデルはいくつか種類があるので、お好きな色から選ぶことができます。

こちらはuvex。水色と黒が売っています。

こちらはpocのヘルメット。2種類の色の在庫がありました。

こちらはロシニョールですね。

こちらはサロモンのモデルです。

ボレーのヘルメットです。

ヘッドです。

改めてFISのレギュレーションに関する事項を説明

以下は全日本スキー連盟の公式ホームページに書いてある文章ですので、そのまま引用します。

1.ヘルメットについて
 2014-2015シーズンはSAJ、A級・B級大会(チルドレンカテゴリーは除く)においては新規格ヘルメットの着用は推奨となっておりましたが、2015-2016シーズンより着用が義務づけとなります。(※FISレースは、2014-2015シーズンから義務づけとなっています。)

 ※新しい規格のヘルメットとは、FIS新規格に対応しFIS対応スッテッカーなどにより明示されているもの。
 ※このヘルメットルールは、DH・SG・GS 競技に適応されます。
特記:①国民体育大会では全カテゴリー義務づけとなります。
   ②SAJ-A級のチルドレンカテゴリー(全中、ジュニアオリンピック、
   全日本ジュニア選手権中学の部)においての着用は推奨となります。

ヘルメットによってはFIS規格に準じていない物もあるので、上記の写真にあるステッカーが貼られているかを各自スキーショップで確認してください。特徴としては前頭部がちょっと出ているデザインとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です