スキーニュース速報はこちら

スキーの腰高ポジションとは?ここができないと絶対上達しない理由

Mikaela Shiffrin/action sports / Shutterstock.com

action sports / Shutterstock.com

今回のスキー上達法は腰のポジションについて話します。なお、ここで話すのは全日本選手権レベルの話ではなく、基礎中の基礎の話なのでその辺を踏まえて読んでください。いわゆる「抱え込み抜重の話」ではありません。

まず腰高のポジションの意味について解説しますが、要は

お尻が落ちていない状況。またはビンディングよりお尻が後ろに下がっていない状態を指します。逆に腰が低い状態はスキー初心者がビビって「キャー!」と叫ぶ恐怖の心理状況でお尻が下がるような姿勢です。詳しくは続きをご覧ください。

近年、「腰高」という言葉がスキー業界ではよく使われるようになりましたが、これはスキー競技が始まった時から上級者は皆わかっていたことです。

ですが、多くのスキーヤーはこの基本中の基本がまったくできないので、基礎スキー検定に何度も落ちたり、アルペン競技で成績が出なかったりします。

 ここを無視すると、仮に体力だけ金メダリストになっても一生下手なスキーヤーで終わるので、ここを最初にマスターする

ようにしてください。でないとレッスン料やスキー場リフト券代ばかりかかるので良いカモにされるだけです。

今回はこの腰高のポジションをキープするための練習方法をいくつか紹介したいと思います。

こんな方におすすめ
  1. そもそも腰高って何?と思う方
  2. なぜ腰が高いポジションがそんなに重要なのかと疑問に思う方
  3. 腰高になる練習方法を知りたい方

これらを知りたい方にはきっと役立つかと思います。

そもそもスキーにおける腰高のポジションって何?なんで重要なの?

Nicole Hosp (AUT) /B.Stefanov / Shutterstock.com


なぜ腰高のポジションが重要なのか。

答えは簡単なので、その場でまず試してみてください。

  1. 椅子に座る体勢になりジャンプする
  2. 次に普通に立って直立でジャンプする

どちらが安定するでしょうか?

そして着地したとき、どちらが地面に力がドンと伝わったでしょうか?

 これを雪上に例えるとよくわかるのですが、

「椅子に座った状態に近いフォーム」

これを後傾姿勢と言うのですが、これを行うと

  1. 体重が後ろにかかるため、スキーの先端が浮き、転倒のリスクが上がる
  2. 雪面に対し、力が伝わっていないためスピードも落ちる
  3. そもそも後傾姿勢はバランスが悪く、怪我の原因になる。

という理由から、腰高のポジションはとても重要となるわけです。

 これはスキーにおける最も重要なことであり、基本中の基本となります。ココがクリアできない人はどんなに練習をがんばってもタイムもスピードも安定もしません。

  ではどういった練習をすれば良いのかを次に解説します。  

いろいろ練習方法はあるのですが、私がやっていたトレーニング方法を簡単にまとめると以下の通りです。

具体的には以下の通りになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!