スキーニュース速報はこちら

正しいスキーポジションに乗っていることを確認する方法。トコのスキーワックス半額セール。

東京都千代田区神田にあるスキー用品取扱店、ドリームゲートスポーツにてトコのスキーワックスが半額となっています。楽天市場にてやっていたので、気になる方は下記をご覧ください。

さて、今回は簡単ではありますが、スキー滑走における最も重要事項と言っても過言ではない

「正しいポジションに乗っているかどうかを確認する方法」

について1つ紹介します。

スキーにおける正しいポジションってどこ?

まず解説する前に、初心者向けに

「スキーの正しいポジションってどこなの?」

という疑問に答えたいと思います。

 結論から言うと

ビンディングの真上に腰があること。腰の位置が落ちていない状態

です。

 わかりやすく言うと「棒立ち」と言えばわかりやすいでしょうか。

 アルペンスキーの基本動作でも棒立ちに近い状態でトレーニングすることもあり、そこからクローチング姿勢で滑っていくなんていうのもあります。こうすることで、雪面にきちんと力が伝わっているか確認できるわけです。

 では、今度は腰のポジションが落ちている人だとできないスキー練習方法があるので、次にそれを紹介しておきます。

あなたはストックなし、片足でスキーできますか?

ユーチューブで「片足 スキー」とかで検索すると動画がいっぱい出てくるので、そちらを見ればわかるのですが、要は

「片足スキーで斜面の下まで滑るには、正しいポジションの乗れていないと操作すらできない」

という状況になります。

 後傾姿勢のスキーヤーは必ず転倒しますし、何度も転ぶはずです。

 どうしてもストックなしが無理なら最初はストックありでもオーケーです。

 有名な映像としては2005年アルペンスキー世界選手権男子滑降でボディ・ミラーがスタート直後にスキー板が外れ、時速80km/h以上のまま片足で半分くらい滑った伝説的な話もあります。実際に下記のDVDにあるので、気になる人はどうぞ。

ミラーの場合は究極な話ですが、バランス感覚はもちろん、きちんとしたポジションで滑ることができると

「片足でも滑っていける」

というわけです。

 ポジションが悪いスキーヤーはこれができないので、暇があるとき、成績が伸び悩んでいるとき、後傾姿勢が治らない人はこういった練習もやってみてください。

photo credit: Kevin Pedraja Bode Miller-3 via photopin (license)

無料メルマガのご案内
週刊スキーメルマガ

無料で購読できる1週間分のスキー情報をお届け。SNSでは流れなかった情報などを盛り込んでお送りします。(近日スタート)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!