スキーニュース速報はこちら

Vandeerスキー用品販売店(板・ブーツ・ビンディング、ウェアなど)

Photo:マルセル・ヒルシャー(AUT)/nicepix4u
hide

このページでは2021年から販売開始となった元W杯スキー王者、マルセル・ヒルシャーが立ち上げたスキーブランド「ヴァンディア」に関する最新情報や歴史、契約選手の情報などをまとめています。目次からお好きなところをご覧ください。なお、速報は下記のツイッターにて配信しています。気になる人はフォローしておいてください。

Vandeerのスキー用品はどこで買えるのか?売っているところはどこ?

日本のスキー用品取扱店で入荷した場合、下記のページから購入することができます。

ちなみに契約上、オーストリアのbruendlでのみ販売しています。(2022年現在)ドイツ語での販売なので、翻訳サービスなどを使って購入してください。なお、購入する際は自己責任となります。

Vandeerの歴史

2019年。

アルペンスキーワールドカップ王者であるマルセル・ヒルシャーが引退。その後、彼が2021年9月にVandeerブランドを正式に記者会見で発表し、販売がスタートしました。

 引退後、わずか2年でのリリースであり、2022年4月には選手契約、6月に長年ロシニョールで活躍しSL王者であるヘンリック・クリストファーセンが電撃移籍。

2022年10月にW杯デビューするという短期間でスキーメーカーを世に広めました。

戦略としてはマルセル・ヒルシャーのSNSアカウント。絶大な人気を誇る彼のSNSからタダ同然で配信でき、21世紀にマーケティングで世界トップクラス入りしそうな勢いのあるスキーメーカーがヴァンディアです。

購入できる場所は上記でも説明した通りオーストリアのみ。生産拠点はオーグメントと同じ工場でハンドメイド生産、安い海外の素材でななく、地元オーストリアの品質の高い素材を使うという生産方式になってます。

 また、選手用と市販用が同じ性能というのがウリで、ワールドカップ選手と同じスキー板を扱えるというのも魅力です。

Vandeer契約スキー選手(アスリート一覧)

契約順:

  1. チャーリー・ラポソ(イギリス)
  2. ティモン・ハウガン (ノルウェー)
  3. ヘンリック・クリストファーセン(ノルウェー)

Vandeerスキー板、ブーツ、ビンディング、ウェアの評判は?

これについては下記のコメント欄にてレビュー待ちとします。海外の評価があれば随時ここに掲載していくので、その際はツイートしていきますね。

Vandeer最新情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!