スキーテクニック動画選手権

スキー上達法

スキー上達法

アルペンスキーGS競技において緩斜面は上下動のクローチングを使った方が速かった。

アルペンスキーGSでは緩斜面で上下運動を使った方が速い?遅い?の答えを掲載しています。
スキー上達法

緩斜面は上下動で0.2秒以上縮まる。ゾルデンW杯におけるマニュエル・フェラーのGSスキーテクニック

アルペンスキーの緩斜面におけるスキーテクニックはどれが1番有効か?ベターと滑らせる?上下の動きを使う?
スキー上達法

動画:ヒルシャーが圧倒的に速い理由をSL動画から分析してみた。2019−2020ミズノGSニューモデルワンピース在庫あり。

2019−2020ニューモデルのミズノGSワンピースを通販で販売しているスキーショップはこちらです。
スキー上達法

動画:完走すると圧倒的に速いアルペンスキーテクニック。ボディ・ミラーのSL連続写真を交えて解説。

ターンの抜けを良くするアルペンスキーテクニックを紹介。
スキー上達法

スキーの上達にかかせないフォールラインとは?W杯スキー選手の連続写真付きで意味やメリットを詳しく解説。

画像:パベル・トリヒチェフ/写真:Goran Jakus / Shutterstock.com 今回のスキーが上達する練習方法は 「フォールライン」 の意味やメリットについて解説します。 なぜこの技術が重要なのかを詳...
スキー上達法

動画:アルペンスキー競技における外足荷重VS両足・内足荷重。順位が後ろの人ほど内足に乗りやすい傾向が強い。(全日本選手権より)

アルペンスキーの基本は外足荷重。両足・内足荷重になるとどうなるかを動画が証明してます。
スキー上達法

全日本スキー選手権に見る1ターンにおけるトップと下位選手の違い。ストックを付く位置も違っている。(写真あり)

アルペンスキー競技は1ターン0.1秒ずつ遅れる。その原因の1つにストックワークがある。実例を交えてデータを紹介。
スキー上達法

アルペンスキーの歴史上最も難しいセットだったソチ冬季五輪に見るストックワークの重要性

アルペンスキーの歴史上最も難しいポールセットから学ぶストックワークテクニック。
スキー上達法

スキーが上達する練習方法&W杯・冬季五輪・スキー用品販売店速報

基礎・競技スキーの上達に役立つノウハウや考え方をまとめています。
スキー上達法

荒れたバーンでも上位を狙えるアルペンスキー練習方法。なぜ下手な選手ほど後ろのゼッケンなのか。(動画:14歳のヒルシャーSL映像あり)

後ろからまくるアルペンスキー選手はどんな練習をしているのか?実体験やナショナルチーム選手のトレーニングを紹介。
タイトルとURLをコピーしました