五輪必要?(世論調査結果)

ゾルデン女子GSで優勝した17歳のアリス・ロビンソンがキリントンW杯GS欠場

画像:キリントン/写真:FashionStock.com / Shutterstock.com

先月末に行われた2019−2020アルペンスキーワールドカップ女子大回転第1戦で優勝した17歳のアリス・ロビンソン(フォルクルダルベロボレー使用)が次戦であるGS第2戦(アメリカ・キリントン)を欠場すると発表しました。

この投稿をInstagramで見る

So a lil update… leading up to Sölden I had a crash training and tweaked my knee… I thought everything was all good so continued to ski and obviously race. However we decided to get a scan when I got back home and it showed enough bone bruising that I’ve been advised by doctors that I need some time off to let it heal. To take the safe road I won’t be starting the next World Cup in Killington I will be focusing on my rehab and strength training at home and I’ll be back in December. It’s a hard pill to swallow seeing I’ve already been skiing on it and racing, but I’m going to listen to the experts and not put myself at risk of more damage. Thanks for all the support 😥

ALICE ROBINSON(@alicerobins0n)がシェアした投稿 –

ゾルデンの直前にトレーニング中にクラッシュをして打撲。医師のアドバイスにより、休暇が必要と言われていました。つまり、ゾルデンは

「打撲のまま出場していた」

ということになります。

 本人は「12月には戻る」と語っていますから、このコメント通りなら第3戦のフランス・クーシュベルからとなります。

動画:17歳のゾルデン女子GS優勝者アリス・ロビンソンのスキーテクニック。リザルト&男子GSスタートリスト、J-SPORTS放送日程

無料メルマガのご案内
週刊スキーメルマガ

無料で購読できる1週間分のスキー情報をお届け。SNSでは流れなかった情報などを盛り込んでお送りします。(近日スタート)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください