スキーの最新情報はこちら

約3ヶ月で手っ取り早くアフィリエイトブログで稼いだ3つのSEOノウハウ

4 min 0 views

SEOアフィリエイトとは

「SEO対策をして検索上位を狙って集客し、アフィリエイト収入を得る行為」

の意味になるのですが、

では、ブログ初心者はどのようにブログからの収益をあげれば良いのか?

今回はこの話をしたいと思います。

なお、スキーショップ.jpではブログ初心者がアフィリエイトで月5万円以上稼ぐ方法というコーナーをやっており、日々連載しているので記事下のツイッターからフォローしておくと独自ノウハウや最新のSEOなどの情報が手に入ります。

約3ヶ月で手っ取り早くアフィリエイトブログで稼いだ3つのノウハウとは?

画像
photo credit: perzonseo Laptop from above – Business to Business via photopin (license)
結論から言います。

コツは以下の3つです。

  1. 最初の作業としてブログを作る前に、上位表示が簡単にできる「売れる検索キーワード」を探す
  2. 需要があってライバルがいないキーワードが見つかったら、ひたすら関連ブログ記事を50くらい作成
  3. 外部リンク1本を誰かに貼ってもらう

以上です。

というと物足りないかと思うので、今回はこのアフィリエイトSEOテクニックのノウハウを詳しく書きます。私はだいたいこれで月3万〜6万くらいのアフィリエイト収入を他サイトから得ています。

確実に儲かるアフィリエイトブログの作り方

画像
多くの人はまずブログを立ち上げ、記事を書くかと思います。

ですが、これは敗者の戦略でありギャンブルと一緒です。

では稼ぐ人はどのようにブログを書いていくのか。次にこれを解説します。

儲かるキーワードの探し方

まずはリサーチです。

例えばみなさん飲食店経営をしようとする際、土地やテナントなどを調べませんか?それと同じで

「儲かる場所で勝負しないとアフィリエイトも儲かりません」

簡単ですね。

では、実際に私がどのようにリサーチするのか?

やり方は以下の手順になります。

需要があって供給が少ない市場の探し方
  1. まずは思いついたキーワードをひたすら検索する。
  2. 次に検索結果にco.jpなどの大企業サイトがないかをチェック。あれば勝負を避ける。個人ブログばかり、または検索結果にない場合はキーワードを候補に入れておく。
  3. 次に候補に上がったキーワードをリレイティッドキーワードで検索にかける
  4. 検索キーワードがズラっと出たらさらにライバル不在のものを絞り込む。もしなければ他サイトにどのくらい書かれているかをチェックして、需要があればそのキーワードを最終候補に入れる。

といった具合です。

検索結果になく、掲示板サイトなどに書かれている問題であればそれはかなりの穴場キーワードと言えるでしょう。

こういったことはアフィリエイト書籍や情報商材にはまず書かれていません。上記のリサーチサイトが紹介されていても使い方を詳しく紹介し、なおかつキーワードの絞り方を教える人はまずいないからです。

SEO関連書籍なんかは「キーワード選定が大事です」とかは書いてますが、それしか書いていないのです。

では、次にブログの記事の書き方を解説します。

儲かるブログ記事の書き方

人は悩み事にはいくらでもお金を出す傾向があります。

しかし、恋愛やダイエットなどの話題は誰でも書けるので、ライバルが非常に多くなりやすいのです。では、ブログ初心者が確実に儲かるにはどうすればいいのか。

それは他の人とは違う行動をすることです。

例えば裁判事例です。

裁判事例を見てアフィリエイトサイトを作る人はまずいないでしょう。

なぜ裁判事例を見るかというと、

「問題がたくさんあるから、ここからビジネスにつなげる」

ということができます。

問題があるといういうことは、そこに解決策を見出せば良いわけです。

身近な具体例を出しましょう。

例えば春から大学に進学し1人暮らしをする学生さんがいたとします。

  1. 新生活のため炊飯器を通販サイトで買った。
  2. 壊れていたので返品しようとしたが、返品不可の契約だった。
  3. 新生活でどうしても必要なので保証付の炊飯器が欲しい。

こういった人に安くて良い商品を紹介すればたぶん炊飯器は売れると思います。

人は

「どうしても買わないといけないというシーンがあると必ずお金を払う

のです。

それを考えてブログ記事に落とし込んでいきます。

ちなみに私は金融系アフィリエイトより報酬が高い商品が売れていってますが(1件8万円とか)、こういったシーンを考えてサイトアフィリエイトを展開しています。

記事構成はどのように書くべきか?

ライバルが入ればボリュームを上げ画像などを入れて詳しく書きますが、ライバルがまったくいないのであれば2000文字も書けば十分上位表示しています。

ブログ記事の書き方は以下のような感じです。

タイトル例:炊飯器がすぐ届く通販サイトベスト5
内容:
記事上部は「この記事はこんな人におすすめ」というコーナーを設け、検索しそうなキーワードを全部書いておく。記事の中身:できれば過去の体験談のほうが上位表示しやすいようグーグルはアルゴリズムでわかってるので、できれば体験談を中盤に書く。記事の最後:おすすめの通販サイトへのリンクを貼る。この場合だと炊飯器の検索結果一覧にアフィリエイトリンクを貼るのが望ましい。

こんな感じです。

実際に私のブログ記事もこういった構成になっているので、参考記事も掲載しておきます。

https://skishop.jp/%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%ae%e6%84%8f%e5%91%b3%e3%81%8c%e3%82%8f%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84/

実際に上位表示している証拠画像

上記の参考記事は「スキー フォールライン 意味」で上位表示しています。(2019年11月20日現在)

画像

外部リンクを1本だけ貼る。

これは上位表示をするためだけでなく、インデックススピードを上げるためもあります。

ただ、人工的なリンクになるので1本に押さえておきましょう。なぜ1本かというと

「このくらいはSEO的に問題ない」

からであり、リンクがないとグーグルはインデックスもしない場合があります。(検索結果に出ないということ)

本来はダメな行為ですが、グーグルが禁止しているのは有料リンクです。また、禁止行為ではないですが、検索順位を下げる可能性のある質の低いリンク(リンク集や相互リンクサイト)がたくさんあるので見極めが大事です。

ただし条件があり、このSEOテクニックは

メインサイトではやらない方が良い

です。

では、どういったサイトからリンクをもらえば良いのか?具体的な方法は以下の通りです。

  1. 友人にブロガーがいるなら記事からリンクをしてもらうように頼んでみる。
  2. 場合によっては直接広告を出すのも1つの方法。SNSに貼ってもらえば有料リンクにもならず、フォロワーを獲得して間接的にリンクが増える確率が上がる場合もある。
  3. 表向き専門サイトに仕上げて、関連サイトのリンク集に掲載を頼むと無料で掲載してくれる場合もある。
  4. 写真を提供すると無償でリンクをくれるサイトもある(昔で言うグーグルページランク5のところとかやってるところもある。)

こんな感じです。

ポイントとしては

「直接交渉」

が最も有利で早いです。

リンク集ははっきり言ってSEO効果はほとんどありませんが、マニアックなスモールキーワードなら上がる傾向があるので、大企業が参入しづらいスモールキーワード市場を狙っていくことがブログ初心者には有利かと思います。

仮に失敗してもメインサイトでなければダメージがないので、気になる人は実験してみてはどうでしょうか?

ブラックもホワイトハットSEOも圏外に飛ぶときは飛ぶ

結論としてはホワイトだろうがブラックSEOだろうが、アルゴリズムが変れば飛ぶときは飛びます。

ただ、グーグル先生は基本

  1. 毎日または定期更新
  2. 文字数があってしっかり解説されている
  3. 図や写真などもある

こういった真面目なコンテンツの見分け方をすでに知ってるので、経験談なら割とアルゴリズム変動には負けません。

真面目な人は基本毎日ブログを更新していたりするので、こういったところを見ている可能性は非常に高いでしょう。(質が低いとダメだけど)

この記事で書いたことをうまくあなたのブログ運営に取り組んで見るのも1つの方法です。

hide

hide

アルペンスキー速報や冬季五輪、FIS公認大会を中心に最新のアルペン情報を提供しています。気になる人はフェイスブックの方をご覧ください。ツイッターは開発記録などパーソナルな内容となっています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください