スキーショップ.jpとは?

リンゼイ・ボン引退は微妙。40%以上安いデサントミドラーセール

スキー用品バーゲンセール最新情報
この記事は約4分で読めます。

デサントのミドラーが40%オフ以上のスキーショップがこちらにあります。下記からもアクセス可能なので、安いミドラーを取り扱っているスキーショップをお探しの方は下記もどうぞ。

さて、今日もスキーニュースをサクっと紹介していきます。

今日までに入ったスキーニュース一覧

View this post on Instagram

After a lot of physical therapy and time to clearly think things through, we have come to some conclusions about my knee. First, we discovered the reason I had so much pain and muscle shut down in Cortina was due to an impact injury to my peroneal nerve. This most likely came from the final jump on the first training run in Cortina, but it’s hard to know for sure. After that training run, the pain got progressively worse each day and by Sunday my lower leg was in a lot of pain and my muscles had completely shut down. Now that we know the problem the next issue is fixing it. So far we haven’t found a solution and as a result I will not be able to compete in tomorrow’s downhill training run. However, since this is a new “injury” per say, I remain hopeful that we can fix it. I’m taking things day by day and we will see what happens. I know that I might not get the ending to my career that I had hoped for, but if there is a chance, I will take it. Thanks for all of the support you have shown me, it helps keep me going. ❤️??

L I N D S E Y • V O N Nさん(@lindseyvonn)がシェアした投稿 –

リンゼイ・ボンが引退を示唆しましたが、可能な治療があればまだ現役続行したいことをほのめかしていることもわかりました。ただ、何度も手術をしている膝ですが、どこまで持つのかは微妙でもあります。ちなみに1月末にドイツのガルミッシュ・パルテンキルへンでの女子滑降にはエントリーしており、15番スタートとなっています。

キッツビューエルで今週末男子のワールドカップが開催されますが、昨日23日のトレーニングランは中止となりました。今日がトレーニングラン最終日、明日はスーパー大回転、26日が滑降、27日が男子回転となっています。

 日本人が苦手とするキッツビューエルですが、皆川賢太郎さんは6位を1999−2000年に記録していますから、不可能ではないはず。20年近い時を経ていますが、クラシックレースでの日本人の活躍を応援していきましょう。

編集後記

スキーショップ.jpに元旦から運営を切り替えましたが、メインを上達方法にすることでかなりのリピーターさんが増えました。これを軸に今後ニュースなどを交えてやっていきますが、問題はかなり時間的コストがかかるということです。

 ニュースをやってるくせに、まだ全日本選手権はほとんど見ていませんし、ウェンゲン男子回転は1本目30人までしか見ておらず、GSのほうもまだ見ていないです。なんとか時間を作るためトレーニングしながら見たりしてるわけですが、せいぜい1日10分が限度。ネタの仕込みをいかに効率的にして毎日配信できるかというのが今の課題です。

 ツイッターだとどこでも更新できるので、今後はここを中心に配信していくので、速報で知りたい人、テクニック的な話を見たい人はフォローしておいてください。

photo credit: stephan_vereno _DSC4218 via photopin (license)

コメント

タイトルとURLをコピーしました