スキーニュース速報はこちら

ボグナースキーウェア特集。動画で見るザグレブ男子SLとリザルト

この記事は約2分で読めます。

メンズ、レディースモデルなど豊富に取り揃えるボグナースキーウェア専門店はこちらにたくさんあります。ジャケット、ズボン(パンツ)の別々での販売が多いので、上下セットでの取り扱いはあまりありません。リンク先で一覧で表示され、価格順に安い順、高い順に変えることもできます。

 また、他の店舗でも扱ってるので、在庫がない場合などは下記に在庫がある可能性が高いです。画像は参考なので、各店舗にて一覧表示されます。

ザグレブ男子SL2019の上位3人の滑りを動画で見る。リザルトもこちら

さて、昨日はFISアルペンスキーワールドカップザグレブ男子スラロームが開催されました。日本勢は大越龍之介(東急リゾートサービス)は1回目38位、成田秀将(カワサキフィールドク)は途中棄権でともに2回目に進めせんでしたが、特に大越選手は非常に惜しい滑りだったため、2本目進出は時間の問題かと思います。また、成田選手に関してもゴール手前または完走率が高い滑りになってきており、2人とも徐々にですが良い感じになっていると思います。

 荷重しすぎてターンが飛んでしまうこともあるので、そういった細かい修正をやればまだ世界選手権には間に合うようにも思います。

さて、今大会の優勝はヒルシャーでした。2位はパンチュロー、3位がマニュエル・フェラーとなり、1本目は上位3人がオーストリア勢となったのもポールセットから頷けます。

 こういったトリックの多いセットはポジションが高いオーストリア勢に軍配が上がる傾向が昔からあり、難しいセットほどオーストリアが上がってくるという特徴があります。最終的にはオーストリアはトップ10に2名だけとなりましたが、徐々に調子が上がってきているなと感じています。ヒルシャーとクリストファーセンのSL2強の時代はそう長くは続かない感じもしており、ワールドカップはさらに面白くなりそうです。

 以下は上位3人の滑りとリザルトです。

2019ザグレブ男子SL動画

リザルト

リザルトはこちらにあります。

photo credit: Great East Japan Earthquake (MOFA, Japan) croatia_ski via photopin (license)

PHOTO:MDP / Shutterstock.com
スキーの最新情報はこちら
アルペンスキーを中心にスキー用品セール、上達法、動画など業界の様々な速報が無料でメール購読できます。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スキー用品バーゲンセール最新情報
RAP

スキー用品、上達方法、最新のアルペン・世界選手権・冬季五輪、国内の速報などを日々お伝えしています。

RAPをフォローする
RAPをフォローする
スキーショップ.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました