スキーの最新情報はこちら

上位表示してるブログ記事2つの特徴。グーグルアルゴリズムの仕組みとは?

4 min 8 views

さて、今回の副業ブログを作成し不労所得月収5万円以上稼ぐ方法(資産構築費0円から月1000円程度で可能)

「上位表示しているブログ記事の特徴」

について実際のデータを用いて解説します。

ちなみにスキーショップ.jpでは読んで終了となるスキーニュースと、情報サイトでオーソリティーを目指そう!: 10年先も生き残る安定志向のサイト構築論に書かれている手法を用いて、ナチュラルリンク獲得と滞在時間を伸ばすことに成功しているので、SEOを年々強化していきたい人には参考になるかなと思います。

*こんな人におすすめ:

  1. 上位表示するブログ記事の書き方が存在するのかを知りたい方
  2. 上位表示する本当のSEO対策済みワードプレステンプレートの選び方
  3. ワードプレステーマによってSEO効果が変わるのか知りたい方
  4. 長文SEO対策は今後も有効なのか
  5. 安定したアクセスとアフィリエイト収入を確保する方法を知りたい方

こんな方には役立つかと思います。

上位表示してるブログ記事2つの特徴。グーグルのアルゴリズムを予測して書いていく。


この記事を書く直前にツイッターにてこんなツイートをしました。

つまり、

「しっかり読まれているページが検索上位に来ていて、逆に読まれていないページが検索順位がかなり下になっている」

ということがわかってきました。

 当たり前といえば当たり前ですよね。

つまり、グーグルは数年前から完全に中身のある役立つサイトかどうかを見極めるのに

「滞在時間をおそらく1番重視している」

ということがわかってきており、これはナチュラルリンクがない頃から同じ現象が見られています。

なので、ブログ初心者は滞在時間を意識して、きちんとリピーターが訪れるブログ戦略を取らないと、今後生き残りが厳しいのではないかと思います。

また、アフィリエイトで稼ぎたい人は滞在時間が長く、かつそこから収益が出るようなコンテンツ戦略が最も重要となります。

キーワード選定は高度化しているので、ツールを使った人が有利になっている


これはあくまでも肌感覚であり、主観ではありますが、上位表示を狙う際に必ず必要となるキーワード選定は

「ツールを使いこなす人がますます有利になる」

ことは今後も変わらないかなと思います。

 特に私が強く勧めているキーワード選定に以下のノウハウがあります。

https://skishop.jp/%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e6%b5%81%e5%85%a5%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89%e7%9f%a5%e3%82%8a%e3%81%9f%e3%81%84/#compass

https://skishop.jp/compass%e6%83%85%e5%a0%b1%e5%95%86%e6%9d%90%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc/

正直、ブログ執筆だけで1時間以上はかけているので、キーワード選定にはほとんど時間をかけられません。そこで私は自動化に踏み切ったわけですが、ライバル不在のキーワードの見つけ方を自分でできるようになると、ブログのアクセスアップはかなり楽になるので、できるだけ早く身につけて欲しいスキルです。

また、ある程度需要があってライバルがいない特定のキーワードを見つけることができれば、ずっとそのキーワードをちりばめてロングテールで稼げるようになったりもするので、自分にあったヒットしやすい言葉も見つけて欲しいです。

ブログの滞在時間を伸ばすには内容選定、テンプレート選びと記事構成が重要


ブログの滞在時間を伸ばすには3つの要素が必要です。

  1. 滞在時間が長い内容を選ぶ
  2. 滞在時間が長くなるワードプレステーマを使用すること
  3. 記事構成

の3つです。

 次にこれらを深掘りして解説します。

滞在時間が長い内容を選ぶ

これは言うまでもありません。

 1つ例を言うならば、スキーショップ.jpはなぜニュースとノウハウを提供するかということです。

ニュースはナチュラルリンク獲得に繋がり、業界で1番早くてスクープであればリンクが貼られます。これは年に数回しかチャンスがありません。

 ブログのメインタイトルとドメインが「スキーショップ」という売れるキーワードなので、これで上位表示されれば勝手に画面上部にリンクを貼っておけば売れるのです。

 そしてノウハウを書く理由は

「ずっと読まれ、ずっと検索経由で新規顧客が来るから。しかもまとめページに誘導すればリピート増加にもつながる」

というわけです。

 こちらにもリンクが貼られるのは時間の問題かなと思ってますが、もしリンクが貼られてグーグルが1位表示すればそこからさらにリピーターが増えるという好循環も出てくるかなと思ってます。

滞在時間が長くなるワードプレステーマを選ぶ


世の中にはWING(アフィンガー5)diverOPENCAGE(オープンケージ)、cocoonなどの国産ワードプレステーマがありますが、あえてSEO重視で考えるのであれば

「記事の終わりからできるだけ近い位置に関連記事表示があるかどうか」

がかなり重要ということもわかってます。

 これはスキーニュースコーナーの方でわかったのですが、2つ目、3つ目の記事をクリックする傾向が高く、記事の最後に近いワードプレステーマほど回遊率が上がってました。

 なので、できるだけ記事最後から関連記事の距離感は縮めた方が良いと個人的には思ってます。

滞在時間が長くなる記事構成にする

最後にもう1つコツを言うならば

「滞在時間が長くなる記事構成にする」

ということです。

 ただし、アフィリエイトリンクに関しては記事上部の方においた方がクリック率も高まるので、この辺のバランスがすごく重要かなと思います。

 もちろん、記事の最後においておくほうが真剣に読む客層なのは間違いないので、あえて記事最後にアフィリエイトリンクを貼って、ついでに滞在時間も伸ばしておくのが理想なのかもしれません。

 もし記事の最後にアフィリリンクを設置して、収益化とSEOの両方を両立させるのであれば、最後まで読ませる工夫が必要です。

1つテクニック的なことを言えば

「ワードプレス記事に目次機能をつけて、記事上部、中部は読みたくなる見出しにし、最後はクリックしたくなる見出しタイトルにして誘導する」

といった方法もあります。

 これだけでも滞在時間は1分くらいになるかなと思います。場合によってはクリックしてもらえ、あとでブックマーク経由でしっかりと読んでもらうといったことも可能です。

滞在時間が長くなるコンテンツを日々作ることが重要


グーグルは中身のあるコンテンツを重視します。

 そして最後に検索された記事がおそらく解決した記事のはずなので(見つからない場合もありますが)、そのページが検索順位を上げていくのではないかと思います。

 そのため、グーグルはインデックス後2ページ目か3ページ目に順位を設定し、クリック数とどこのページが最後なのかをAIで行動を理解して、より良い記事を上位に上げているのではないかと思います。(スキーショップ.jpはこのパターンが多いです。2ページ、3ページ目までめくる人は真剣に情報を探してる人ですからね。)

というわけで、滞在時間が長くなり、かつ指名検索されるくらいのコンテンツボリュームを用意しておきましょう。

 

hide

hide

アルペンスキー速報や冬季五輪、FIS公認大会を中心に最新のアルペン情報を提供しています。気になる人はフェイスブックの方をご覧ください。ツイッターは開発記録などパーソナルな内容となっています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください