五輪必要?(世論調査結果)

not provided知りたい?キーワードを全部可視化する方法

さて、今回の資産構築・副業に。安定してブログで月5万円以上稼ぐ方法と集客テクニック

「グーグルアナリティクスに書いているnot provided内部にある検索流入キーワードを全部把握する方法」

を解説します。なのでブックマークしておくと便利ですよ。

結論から言うと

「無料でもできるし、8000円〜16000円くらい払うともっと楽に取得できる」

という話です。

下記に目次があるので、詳しくはそちらからご覧ください。

[box02 title=”こんな方に役立ちます”]
  1. グーグルアナリティクスのnot providedの意味がわからない方
  2. グーグルアナリティクスのnot providedの中身を知りたい方
  3. not provided可視化ツールはヤフーやbingがわからないので、全部の検索エンジンからの検索流入キーワードを知りたい方
  4. not provided可視化ツールは費用が高いので無料でできる方法を知りたい方
  5. とにかくブログやホームページが何のキーワードで上位表示されているか知りたい方
  6. SEO対策をしなくとも上位表示が簡単にできるキーワードをコンテンツ作成前に知りたい方
[/box02]

こんな方にはおすすめです。

not provided知りたい?検索キーワードを全部可視化する方法


実はこのことは以前スキーショップjpのブログ記事でも書きました。

https://skishop.jp/%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e6%b5%81%e5%85%a5%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89%e7%9f%a5%e3%82%8a%e3%81%9f%e3%81%84/

改めてザックリ解説すると以下の5つの方法を組み合わせるといった方法を活用します。(これはあくまでも私が売れるアフィリエイト記事を作成する際に使うSEOテクニックです)

  1. グーグルアナリティクスを使う
  2. グーグルコンソールを使う。
  3. ワードプレスプラグインで全部の記事のアクセス数を把握し、上位表示したキーワードを記録。
  4. compassで調べる
  5. 1〜3または5をメインに検索流入キーワードをチェックする。GRCなら自動化。

となります。

 ちなみに4番のコンパスというSEOツールは、ブログ記事作成前に行う作業で、事前に100%または高確率で上位表示するキーワードを探してくれるツールです。具体的に私がこのツールを使って、実際に上位表示してアフィリエイト収入を得ているページ、検索結果も公開してるので、下記の過去記事も参考にしてください。

コンパスを使った感想。簡単上位表示できるキーワードの探し方を解説

上記の5つの方法を組み合わせると全部の検索流入キーワードを知ることができる方法となるので、興味のある方はぜひやってみてください。

無料でnot providedのキーワードを知りたいという方へ


上記のグーグルツール以外にシミラーウェブなどもありますが、全部を把握するのはなかなか難しいのではないかと思います。なので、1つ無料でnot providedを知る方法を提案するとすれば

グーグルコンソールで得た上位表示&検索流入したキーワードをGRCに全部登録していって検索順位の変動を日々チェックする

くらいしか現状ではないかと思います。

 これでも十分情報を把握でき、ブログ記事公開後1週間以内に記事の検索順位を把握できるかと思います。ただ、もう1つ方法がありますが条件が1つあり

毎日または1日起きくらいで更新してるサイト

のみ次の日に検索順位をチェックするという方法があります。

 しかし、検索結果からクリックされているかどうかわからないので、冒頭でお伝えした5つの方法の1つ、

ワードプレスプラグインを使い

記事にアクセスが集まっているかどうかをチェックして、自分自身で検索キーワードをチェックすれば完全無料でnot providedの中身を知ることができます。

 ツールを買う前はこのようにやっていましたが、結果リサーチに費やす時間が多くなりすぎたので、最近はツール頼りとなっています。ただ、時間のある人はこの方法でも十分not providedの中身がわかるので、こちらもおすすめします。

not providedとは?


最後にnot providedという言葉の意味ですが、グーグルはSSLで暗号化してるので検索キーワードを全部把握できないようになっています。

not providedとは直訳すると「提供できない」という意味になりますが、要はSSL化によって検索流入キーワードを提供できないという意味になります。

 ですが、このページで解説した方法を使えばnot providedを知りたい人にはほぼ全部の検索流入キーワードがわかるかと思います。

また、ワードプレスではなくHTMLのホームページで運営している人、または無料ブログで運営してる人は簡単にワードプレスを作成することもできるので、記事データを全部移動させ、URLも移動させればできなくはないかと思います。

超簡単!独自ドメイン取得からワードプレス公開までの手順(プログラミング不要)

中には引っ越しできるレンタルサーバー会社もあるかと思うので、各自で調べてみてください。

 

無料メルマガのご案内
週刊スキーメルマガ

無料で購読できる1週間分のスキー情報をお届け。SNSでは流れなかった情報などを盛り込んでお送りします。(近日スタート)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください