スキー上達法連載中

札幌市藻岩山スキー場2023-2024で最後?存続危機に

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

hide
hide

今回のスキー場最新情報は札幌藻岩山スキー場の存続問題について取り上げます。

私も何度か行ったことのある札幌市にある藻岩山スキー場が経営の存続危機になっているというニュースが出てきました。場合によっては2023−2024シーズンで営業終了となる可能性もあるのでは?と思ったりもします。

最後のシーズンにならなければ良いですが・・・。

ちなみに札幌市にはいくつかスキー場があり、

JR札幌駅から近いスキー場

  • ばんけいスキー場
  • サッポロテイネ
  • 札幌国際スキー場(札幌駅から1時間半くらいで結構離れた場所)
  • フッズスノーエリア
  • 札幌市と喜茂別町の境目にある中山峠スキー場(住所的にはギリギリ喜茂別町)
  • オーンズと天狗山スキー場は小樽ですが、札幌からは近いほうで利用者も多いです。

がありますが、住んでいる地域にもよりますが藻岩山が1番近いという人も多いでしょう。

それだけ街に隣接したような標高500mほどの小さな山ですが、利用者は多く、リフト券もリーズナブルなので学校のスキー授業はもちろん、スキー初心者のための無料で練習できるスペースもあり、とにかく「安く遊べる」場所でもあります。

札幌市を一望できる藻岩山スキー場はおすすめ観光スポット

展望台レストランからの眺めは最高です。食事も美味しかった♪

春夏秋冬の景色が楽しめ、山頂にある展望台にはレストランや夜景が楽しめる場所もあり、実際に食べに行ったこともあります。

いわゆるニセコやキロロ、富良野とは違う都会の風景が楽しめるスキー場で、ファミリー層にとっては

「公園のようなスキー場」

であり、観光客にとっては都会とスキーの両方を楽しめるスポットでもあったのですが、老朽化ということで2024−2025シーズンなどがどうなるのかわかりません。

ニュースではとりあえず2つの事業者が視察に来ていましたが、公募は2024年の2月ということで今後検討する事業者が増える可能性がありますが、果たして2024年冬に営業となるか。

札幌市の人々にとっては要注目のニュースですね。

ちなみにうち1つの事業者は新潟県の舞子スノーリゾート、湯沢中里スノーリゾート、ムイカスノーリゾート、キューピットバレイ、ニノックススノーパークを運営するスマイルリゾートのようです。

error: Content is protected !!