スキー上達記事まとめ

ビクトル・ムファジャンテのスキーテクニック。彼がウネリのあるスキー場で順位が上がる理由

MUFFAT-JEANDET Victor (Fra) /PHOTOMDP / Shutterstock.com

hide
hide

今日は速報を兼ねて2023年1月7日に開催されたスイス・アーデルボーデン男子大回転の技術解説とリザルト、怪我人の情報などをまとめます。

今日の話題は以下の通りです。目次からどうぞ。

スウィートプロテクションオールマウンテン用スキーヘルメット在庫あり

2018年にノルウェーで誕生し、ヘンリック・クリストファーセンが使用するブランドとしても世界的認知度を誇るヘルメットのオールマウンテン用の在庫があります。

第1回九州アルペンスキー競技会兼国民体育大会スキー競技会佐賀県予選

2023スイスアーデルボーデン男子GSリザルト

まあ、無難というか予想通りの結果になりましたね。クラニッツとフェラーのタイム差が気になりますね。上位2人は抜きん出てます。

ビクトル・ムファジャンテの怪我の状況

ダウンヒルのレースでヘリで運ばれる選手はよく見かけますが、GSでこれほどヘリで運ばれるコースは他にないのではないかというくらい、怪我人がよく出るコースです。

残念ながら日本から出場した加藤聖五選手はスタート直後、内足に乗ってそのままフェンスに激突し1本目途中棄権となりました。怪我がちょっと心配されますが普通に立っていたので多分大丈夫ではないかと思われます。

フェンスに突っ込む選手が何人か出る難コースですが、今回は怪我から復帰したばかりのビクトル・ムファジャンテが1番の犠牲者ではないかと思います。

幸い、大きな怪我の報道はまだ出ていないです。映像と共に速報をTwitterで流したので気になる人は見てください。よーく見ると最初に頭を強く打ってます。

ビクトル・ムファジャンテがウネリのあるスキー場で順位が上がる理由

今日のスキー上達方法はフランスのビクトル・ムファジャンテとなります。

アーデルボーデンGSで21位から1本目7位のタイムを記録した時点で記事を書いてたのですが、よりによって2本目クラッシュという結果となり、今回記事化すべきか悩みましたが、1本目非常に参考になる滑りをしていたので記事にします。

彼の最も大きな特徴としてW杯選手の中で1番速い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!