スキーの最新情報はこちら

プロ使用のアフィリエイトで稼ぐwordpressテーマの選び方と稼ぎ方の手順

4 min 22 views

有料ワードプレステーマを20万円分ほど使ったのではないかと思うくらい、とにかくwordpress(WP)のデザインを変えまくってきました。

そこでこの記事では購入証拠画像を交えて

  1. 稼げるワードプレステーマと稼げないテーマの違いを知る
  2. 有料ワードプレステンプレートを使った具体的なアフィリエイトで稼ぐ方法
  3. 実際に使って稼いできたブロガー・アフィリエイト向けワードプレステーマ一覧

の5つを1つ1つ紹介しつつ、実際に買った証拠を交えて、どのワードプレステーマが良いのかというのを解説していきます。

どれもメリット・デメリットもあるのでランキング形式にはしないので、各自でよく考えて購入を検討してみてください。

副業ブログ初心者向け。プロがアフィリエイト広告で稼ぐwordpressテーマの選び方

さてここから本題に入りますが、稼げるワードプレステーマの選び方のコツや稼ぎ方のノウハウを書いていきたいと思います。

稼げるワードプレステーマと稼げないテンプレートの違いを知る。SEOに強いワードプレステーマなんてあるの?

ここ数年よくあるのが

「内部SEO対策済みテンプレート」

と呼ばれるものですが、これは本当に効果があるのでしょうか?

結論から言うと、

「テーマ自体に差はないが、レイアウトで差が出る」

というのが正しいです。

なぜか。

理由を次に解説します。

なぜワードプレスはレイアウトでSEOに関係が出るのか

それは

「滞在時間に関係するから」

です。

 例えば、記事下にプロフィールやVA Social Buzzみたいな「いいねボタン」が設置されているバイラル風デザインなどがあって、その下にCTA、そして関連記事と来るとユーザーはカーソルをかなり下に移動させて回遊することになります。

 なので、デフォルト(初期段階)ですでに関連記事と記事自体の距離が近い方が望ましいのですが、これを回避するため、

  1. 記事下・上にウィジェットスペースがあること
  2. 記事中または記事上部に誘導したいメインコンテンツを紹介できるスペースがあること。

もワードプレステーマを選び際にとても重要な要素となります。

 特に、記事下まで読む人は情報をきちんと収集したい人であり、能動的な証拠なので、関連コンテンツをさらに紹介する、または「まとめコーナー」を紹介するように工夫するとさらに滞在時間が増えたり、ナチュラルリンクをもらえたりする確率も高まります。

記事下にプロフィールといいねボタン、どちらが有効か

これはケースバイケースですが、リピーターを増やすのであれば

プロフィールの方が有効

かと思います。

 例えば大手メディアだとシェアボタンを設置するケースがありますが、わざわざジャーナリストのプロフィールまで覚えている人はいないと思います。

大手メディアでも親近感を抱かせるためかどうかわかりませんが、個人ブログのようなことがなかなかできないので一見さんばかり集まりがちです。

一方、個人ブログの場合はプロフィールに読者に親近感が湧くようなキーワードを書いておくと、よりリピートする確率が高まります。

メディア路線でいくのであればバイラル風のデザインもありですが、個性を全面に出す方が結果的にリピートにつながる気もします。

もちろん、これらはリピートするコンテンツがあればの話ですけどねw

稼げるテーマかどうかを見分けるポイント


 
個人的には以下の点を最も重視しています。

  1. 記事上・中・下の3つのフリースペースウィジェットが必ずあること。
  2. 記事上部にコンテンツをピックアップできること。
  3. 綺麗なデザインのブログカードがあること。

これらはかなり重要で、意外ですが記事中広告のウィジェトスペースがない有料ワードプレステーマもあります。カスタマイズで設置もできたりしますが、ブログ初心者にはかなり高度かもしれません。

 なので記事下でも紹介しますが、記事中広告があるとかなり初期段階で広告収入に差が出るので、有料ワードプレステーマを買う際に必ず押さえておきたいポイントです。

 

記事中広告が超重要な理由

それは

「アドセンス収入に影響するから」

です。
 
 グーグルアドセンス広告はブログ初心者が最も稼ぎやすい方法の1つであり、アフィリエイトとは違いクリックされるだけで収入が発生するので、書くだけで稼げる初心者向けの稼ぎ方の1つです。

 アフィリエイトだと売れないとお金にならないので、まずブログ初心者はアドセンス広告が記事中に貼れるかどうかをきちんと見極めましょう。

 記事中広告だと嫌でも目に入りますし、アドセンス規約に最も違反にならない箇所でもあるので、私は記事の中では記事中のみで表示させています。

他にもインフィード広告スペースがあるワードプレステーマを選ぶのも重要な要素ですね。

有料テーマで具体的にアフィリエイトで稼ぐ方法。元どころか利益を産むテーマもある

有料ワードプレステーマの中にはアフィリエイトプログラムを用意しているケースもあります。なので、

実際に使ってレビューを書きまくると、これから買う人にPRでき、買ったお金が戻ったり、さらにお金が増える

といった現象も起きます。

 中にはjinのようにアフィリエイトプログラムがない有料テーマもありますが、アフィンガーDiverOPENCAGE(オープンケージ)などはアフィリエイトプログラムもあるので、買った値段が返ってくる可能性があるわけです。

 つまり、

有料WPテーマが無料テーマになる

といったことが起きるので、買ったお金を回収したいならこういったワードプレステーマを選ぶのも1つの方法でしょう。

 そして利益が出たらさらに新しいテーマを買うということも可能なのです。

上記のアフィリエイトプログラム付きのワードプレステーマを紹介したい場合はこちらにあるインフォトップ、a8.netに登録しておく必要があります。まだ未登録の方は登録しておきましょう。

具体的な稼ぎ方


有料テーマでないとダメということはありませんが、カエレバなどをカスタマイズされたデザインで展開できたり、LP(ランディングページ)のような売るページに移動させる際にブログカードを綺麗なデザインにしておくことは見栄え的にも重要な要素です。(無料でもググればカスタマイズできるソースコードがいっぱい無料で公開されてます)

 また、これはデザインに関しての話ですが、クールなデザインだと知的に見えたりしますし、初心者や若者向けにするのであれば柔らかいデザインのテーマを選ぶことも重要な要素です。

 一方、ワードプレスにも広告スペースがないような無料テーマもあるので、できれば記事上、中、下の広告スペースがあるものを選びたいものです。これらがあればアドセンスやアフィリエイトのバナー広告などを貼り付けるだけで済むので非常に楽に展開できます。

 そして1番稼ぐのはやはり

「テキスト広告」

です。

 この記事にもあるようにリンクが貼ってますが、これらはアフィリエイトリンクだったりします。

 バナー広告が場合によってはアルゴリズムの変動で検索順位を下げられるケースもあるかと思うので、最初からテキストで展開しておくと、ユーザビリティ(広告が邪魔にならない)を下げることにはなりません。

 しかも、テキスト広告は広告に見えないというメリットもあるので、普通にリンク先に飛んでくれるので、24時間以内、30日以内などアフィリエイトプログラムで成約までたどり着いた場合成功報酬として認められます。

 なので、

広告に見えない広告

をうまくリンクという形で展開していける文章術を身につけて欲しいなと思います。

アフィリエイトで月収10万以上稼ぐ人たちが使うテーマ一覧

いろんなテンプレートがあるので、いろいろ参考にして見てください。

WING(アフィンガー5)
元々stinger6,7,8など無料テーマで人気のあったものを初心者でもさらに使いやすくしたもの。SEOに強いと昔から評判で、AMP対応です。
アフィンガー5

diver
固定フッターバーなど割と規模が大きめの個人ブログにおすすめ。AMP対応で私も持ってます。

diver

OPENCAGE(オープンケージ)
バージョンアップしたストーク19はもちろん、スワローなど女性からも評判の綺麗なデザインが特徴。私も複数持ってます。

ストーク19
 
*随時追加していきます。また私の過去の使用履歴も掲載していきます。

hide

hide

アルペンスキー速報や冬季五輪、FIS公認大会を中心に最新のアルペン情報を提供しています。気になる人はフェイスブックの方をご覧ください。ツイッターは開発記録などパーソナルな内容となっています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください