スキーショップ.jpとは?

リンゼイ・ボン、男子とのレースで勝てるか?歴史的な1戦が実現 他 ラングスキーブーツ特集

アルペンスキー世界選手権速報
この記事は約5分で読めます。

レーシング、デモ、フリースタイルなどラングスキーブーツを豊富に取り扱うスキーショップは下記にあります。楽天だけでも600以上の検索結果があるので、ニューモデルから旧モデルまであります。

こんな方におすすめ

・1番安いお店を探している。
・ニューモデル先行予約をやっているスキーショップを知りたい
・ラングが欲しいけど、サイズがない
・もうリアル店舗に在庫がないので、売っているところを探している。
・ニューモデルを値下げしたラングを探している。

こんな方にはおすすめです。

2019年2月8日のスキーニュースまとめ

今日もサクっとニュースをまとめておきます。

という感じです。

W杯男子VSリンゼイ・ボンとの戦いが世界選手権終了後に実現

 現在真っ最中のアルペンスキー世界選手権2019ですが、ある意味メインレースはこの

リンゼイボンVSW杯男子との戦い

でしょうか。終了後の開催となりますが、

 以前からツイッター、フェイスブックでも書いてきましたが、リンゼイ・ボンは何度も国際スキー連盟に申し出ては断られてきたわけです。そこでスポンサーを集めてエキシビジョンという形で世界選手権後に男子と女子の対決が実現したというわけです。

 正直、全盛期のボンと男子が戦うところを見たかったと言いたいところです。先日の世界選手権スーパーGも転倒し、正直体がもう追いついていないのではないかと思っているのですが、公式戦終了後の

最後の本当のレース

でボンは男子にどこまで食い込めるのか?

 もし、そこまでタイム差が付かないなら、ワールドカップでもプロテニスみたいに「ファイナル」で男女のトップレーサー対決ということも実現するかもしれません。すでにヨーロッパでも国際スキー連盟宛に「男女のレースをしろ」という声も大きくなっており、男子と女子を一緒にすることで男子ほど注目されない女子選手も世界中から注目される可能性も高まります。(女子はルックスと強さを持つシフリンばかり目立ってるので)

 アルペンスキーの世界も女子選手が男子と戦う日はそう遠くない未来かもしれません。

*こんな感じで日々スキー業界の最新情報やテクニック的な情報を無料メルマガにて届けてるので、気になる人は下記から登録しておいてください。

 

photo credit: snowbuzz Vail Colorado, November 2 2011 via photopin (license)

コメント

タイトルとURLをコピーしました