日本人オールラウンダー須貝龍選手、アルペン複合でW杯デビュー。シフリン、今シーズン中復帰を示唆

photo credit: 20140112-152431-d610-DSC_1764 via photopin (license)

すでにご存知の方も多いかと思いますが、日本でオールラウンダーに挑む須貝龍選手。その須貝選手が佐々木明さん以来、実に8年ぶりに日本人選手としてワールドカップのコンバインド(複合)に挑戦します。参戦するのは1月15日に行われる第1戦のスイス・ウェンゲンとなります。回転、大回転、スーパー大回転、滑降全ての種目にトライする日本で1番のオールラウンダー選手が世界に挑戦します。

*過去の戦績はこちら

ちなみに佐々木明さんは2008年2月3日のフランス・バルディゼールで行われたコンバインドでは39位となっており、これ以降日本人選手が複合種目に出場することはありませんでした。

 全日本選手権をはじめ、世界各国のナショナルチャンピオンシップでも上位に位置し、高速系種目で注目を浴びてきた須貝選手の世界最高峰での活躍に期待したいと思います。

ミカエラ・シフリン、NBCのインタビューで復帰を示唆

と言っても、NBCのインタビューで語ったシフリンの言葉はあくまでも本人の感覚であり、医師やチームからの言葉ではないものです。インタビューの中でシフリンは

「もう動ける状況。今シーズン中にも復帰できると思うけど・・・」

という感じです。

*過去記事:シフリン今季終了か。W杯スキー男女SL共に日本勢2本目進めず。

 スキーショップ.jpでは今季の復帰は厳しいとお伝えしましたが、手術は回避できたみたいなので、後半か終盤に復帰する可能性もひょっとするとあるかもしれません。(当初は今季絶望の記事が世界的に多かったので)かなり激しいトレーニングもすでにできているので、W杯に復帰してくるのか注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です