高速系も開幕。女子SLも開幕し日本からは長谷川絵美、清沢恵美子が出場

photo credit: Thomas Mermillot Blondin – FRA via photopin (license)

スキー場も続々オープンし、国内FISレースも開幕間近ですが、今週末からアルペンスキーワールドカップも本格化します。まず男子はカナダのレークルイーズで高速系種目が開幕、女子はアメリカのアスペンでGSとSLの開幕戦、SLの第2戦と立て続けに試合が続きます。

 女子のスラロームに関しては2人の日本人選手が出場することをSAJが発表しています。

【11/27(金)女子GS】
長谷川絵美選手(サンミリオンスキークラブ)

1本目 10:00-(日本時間:28日2:00-)
2本目 13:00-(日本時間:28日5:00-)

【11/28(土)女子SL】
長谷川絵美選手(サンミリオンスキークラブ)
清澤恵美子選手(ドーム)

1本目 10:15-(日本時間:29日2:15-)
2本目 13:15-(日本時間:29日5:15-)
※Levi代替えレース

【11/29(日)女子SL】
長谷川絵美選手(サンミリオンスキークラブ)
清澤恵美子選手(ドーム)

1本目 10:00-(日本時間:30日2:00-)
2本目 13:00-(日本時間:30日5:00-)

長谷川絵美選手はGSにもエントリー、清沢恵美子選手はソチ五輪直前の怪我以来の本格復帰となり、2018年ピョンチャンオリンピックに向けての活躍が期待されます。

清沢恵美子選手はノルアムで7位

スキーショップ.jpではお伝えしていませんでしたが、24日にアメリカでW杯の1ランク下のカテゴリー、ノルアムカップ(ノースアメリカンカップ)に清沢恵美子選手が出場し7位となっています。トップからは2秒47離される結果となりましたが、W杯はまず2本目に進出しポイントを獲得してほしいなと思います。

 2シーズン連続でW杯で2本目に残る戦績を残していますから、ここからもう一度カムバックしてほしいと思います。なお、女子W杯に関しては動画などわかり次第紹介していこうと思いますので、気になる人は下記のFacebookに登録しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です