スキーニュース速報はこちら

基礎スキーとはアルペンスキーのこと。競技の人がバッジテスト1級で1発合格する理由

この記事は約3分で読めます。

そもそも

「基礎スキー」

という言葉がなぜ生まれたのか、よくわかりません。

スキーの発祥はノルウェー、アルペンスキー競技は名前の通りアルプスで生まれたので(オーストリアだったかな?)、アルペンスキーとなったわけですが、基礎スキーという言葉は文字通り

「日本生まれ」

でしょう。

英語なら

ベーシックスキー

と読んでも良いのかもしれません。

ただ、昔から疑問に思うのは

基礎スキーだけやってる人がバッジテスト不合格になりやすく、アルペン競技をやってる人は突然試験に行っても1発合格する

という不思議な現象が起きるのは今でも同じことでしょう。(たぶん)

つまり、基礎スキーとはアルペン競技のことであり、スキー技術選を見ても上位陣というか、ほとんどの本戦出場選手はアルペンスキー競技出身者です。

このことからもわかる通り、

アルペン競技にはスキー技術の全てが詰まっている

と言っても過言ではないのです。その理由を次に説明します。

なぜアルペンスキー競技をやると上手くなるスピードが上がるのか?

競技とはつまりレースをすることになります。

レースに出るということはスピードを競うことになり、なおかつ負けると悔しさも出てきます。

もちろん、何度もバッジテストを受けて悔しさを味わうのも上達スピードを上げることになるかとは思いますが、アルペン競技者ほど上手くなるスピードが早くないはずです。

理由は簡単。

「スピードを制御するには高い技術力を必要とするため、様々な練習をする羽目になる」

からアルペン競技をやる人は実力が付いていくのです。

また、基礎スキーの不思議な点を上げると以下のような大きな課題もあります。

なぜ基礎スキー検定1級所持者がポールを滑ると下手になり、アルペンレーサーはフリースキーでも上手なのか?

という不思議な問題があります。

結論から言うと

「ポールトレーニングはいろんなターン技術を要求される」

からです。

そんないろんなターン技術の基礎を身につけるにはアルペンが最も手っ取り早く、その辺のレーシングチームに入って週1で練習すれば、早い人は1シーズンで1級くらいは受かるのではないかと思います。

アルペンスキー上達方法の教科書〜約1ヶ月でGS1本目73番から9位になった練習方法〜でも書いてますが、アルペンに限らずスキーの基本は

・腰の位置
・外足

です。

特に腰の位置が大事であり、ここがきちんとできていないとスキーで上手に滑るのはまず不可能です。外足に乗るのはそのあとです。詳しい練習方法はアルペンスキー上達方法の教科書に書いてるのでここでは割愛しますが、要は

アルペンスキー競技で1本1本常にコーチに見てもらい、1本ごとに修正していく

ということが上達スピードを上げるわけです。

ちなみに参考までにこんな後輩がいました。

高校生まで一度もスキーをしたことなく、高校卒業までにバッジテストに合格した

というスキー部員がうちにいました。

1級か2級だったと思います。

そのくらいレーシングは基礎技術が詰まったスポーツなので、ゲレンデで上手に滑りたいと思うならば1度はレーシングを経験すべきでしょう。中学時代の同級生の女の子も遊び感覚で少年団で大回転(GS)をやってるうちにバッジテスト2級(今は技術選の地方予選に出てる)に合格したので、やはり

競技を経験することはバッジテスト合格への近道

と言っても過言ではないのです。

というわけで、何回かに分けてバッジテスト1級合格までの話をしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました